//-->, http://www.starwars.jp/wiki/index.php?title=キックス&oldid=8341. CT-6116“キックス” Star Wars Resistance season 2 trailer. Jossed. A kind and dependable clone medic, Kix served under Rex, as shown in Star Wars: The Clone Wars. Wiki FandomShop DC Trivia GalaxyQuest Explore properties Fandom Gamepedia … Though Kix is dedicated to … Kix, designated CT-6116, was a clone trooper medic in 501st Legion during the Clone Wars. When Synara discovers this plan she tries to warn Kaz and crew, but it may be too late. A page for describing WMG: Star Wars Resistance. Kazuda's team will be a Five-Man BandAlbeit with a … Depending on how long before the … google_ad_client = "ca-pub-1926095632427637"; One day, they were able to lure in the YT-1300 light freighter Millennium Falcon and siphon its power. 身体の情報 google_ad_client = "pub-1926095632427637"; Intrigued by the medic's story of how he winded up with the Resistance, Rey … 種族 He was pretty old during ESB so imagine 20 years later. Kazuda is a non-human. google_ad_slot = "1650035911"; , キックスは、クローン大戦中に銀河共和国のために戦ったクローン・トルーパー・メディックの愛称である。ヤヴィンの戦いのおよそ21年前、キックスはジェダイ最高将軍オビ=ワン・ケノービの指揮のもと、惑星サルーカマイで独立星系連合のグリーヴァス将軍の捜索任務に参加した。惑星に着陸した共和国部隊はそこで墜落した宇宙船を発見する。その後すぐに、キックスはトルーパー・ジェシー、ハードケース、キャプテン・レックスと共に、この墜落船から射出された脱出ポッドを探しに向かった。レックスが任務を指揮し、キックスと他のクローンたちはBARCスピーダーで惑星の湿地帯を捜索する。しかし、彼らは2体のコマンドー・ドロイドによる攻撃を受け、スナイパー・ライフルで狙撃されたレックスが重傷を負ったのだった。, ジェシーが速やかに2体のドロイドを破壊し、クローンたちは負傷したキャプテンのところへ駆けつけた。キックスがジェシーに、レックスの容体が悪化していると告げると、ハードケースは彼を休ませる避難所を探す必要があると主張する。このときジェシーが、自分たちが農場にいることに気づき、そのすぐ近くに農家も発見されたのだった。そこで暮らしていた女性トゥイレックのスーは、クローンたちに納屋で一晩レックスを休ませることを許可し、その後、キックスとクローンたちは脱出ポッドの捜索を続けることになる。そしてジェシーが部隊を率いていると、ケノービから通信が入り、クローンたちは彼の一団との合流を命じられた。一方、脱出ポッドを目指していたグリーヴァスは、ジェシーとオビ=ワンの部隊の中間地点にいた。やがて到着したキックスはハードケースと共に留まり、ジェダイ・マスターはジェシーとクローン・コマンダー・コーディに、グリーヴァスとの戦闘を支援するよう指示する。だが、サイボーグ将軍はシーシピド級輸送用シャトルの到着後、逃走したのだった。, キックスは共和国グランド・アーミーのクローン・トルーパー衛生兵の愛称である。他のすべてのクローン・トルーパーと同様に、キックスもマンダロリアンの賞金稼ぎジャンゴ・フェットのクローンだった。ヤヴィンの戦いのおよそ21年前、キックスは銀河共和国でジェダイ最高将軍オビ=ワン・ケノービの指揮下にあった。惑星サルーカマイ上空での戦い後、独立星系連合のグリーヴァス将軍が脱出ポッドを使って船から脱出し、サルーカマイの地表に着陸する。グリーヴァスを追うケノービは、惑星の地表でサイボーグ将軍を捜索するため、キックスを含むクローン・トルーパー隊を召集したのだった。一団は墜落したグリーヴァスの船の残骸を発見し、クローン・コマンダー・コーディがケノービに、この船が墜落してからまだ間もないことを告げる。ケノービは部隊を二手に分け、キャプテン・レックス、キックス、ジェシー、ハードケースには他の行方不明の脱出ポッドの捜索を命じ、コーディ、クライスにはその場に残って墜落船の残骸を調査するよう命じたのだった。, キックスたちはBARCスピーダーに分乗し、脱出ポッドを探して惑星の湿地帯を走行していた。このとき彼らの前方では、丘の上から2体のコマンドー・ドロイドがクローンたちを監視していた。ドロイドの1体がブラスター・スナイパー・ライフルを使ってレックスを狙撃し、意識を失ったクローン・キャプテンがスピーダーから落下する。ジェシーはキックスとハードケースに、反転してキャプテンを守れと指示し、自身は光弾の発射元である丘へと向かった。そしてジェシーがドロイドたちを破壊している間に、軍医のキックスはレックスの容体を診察し、深刻な状況にあると報告する。ジェシーはキックスとハードケースに、2体のドロイド・コマンドーが援軍を呼んだ可能性があるため、レックスを休ませるシェルターを探す必要があると告げた。その後、ジェシーが飼いならされたイオピーを発見し、現在位置が農場であることに気付く。すなわち近くに人の住む農家があるはずなのだ。キックスは自分のBARCスピーダーのサイドにフラットベッドを取り付け、そこにレックスを寝かせる。その後、彼らは農民の住む家屋を探しに向かったのだった。, 近くにあった農家に到着すると、スーと名乗る女性トゥイレックが侵入者に向けてライフルを構え、用心深くクローンたちを出迎えた。キックスとジェシーが彼女に対して敵意のないことを示し、負傷したレックスを一晩休ませる場所を探していると告げると、スーはクローンたちに納屋を使う許可を与えてくれたのだった。キックスがレックスの傷にバクタ・パッチを当てた後、キャプテンは意識を取り戻し、キックスらは彼に状況を報告する。傷があと5センチ左にずれていれば、光弾は心臓を直撃し、間違いなく即死だったのだ。レックスはジェシーに捜索隊の指揮権を与え、ハードケース、キックス、ジェシーは脱出ポッドの捜索を続けるため出発することになる。クローンたちが各自のBARCスピーダーに搭乗すると、ケノービからコムリンクを通じて連絡が入り、レックスが呼び出された。ジェシーがそれに応答し、ジェダイ・マスターにレックスが負傷したことと、自分が彼から脱出ポッドの捜索を指揮する任務を与えられたことを報告する。ケノービはジェシーに、グリーヴァスが遺棄された脱出ポッドへ向かっていることを伝え、トルーパーたちに西へ向かうよう命じた。彼はグリーヴァスを二隊で挟み撃ちにしようと考えたのである。, その後、ジェシーはすぐにケノービに連絡し、キックスたちが脱出ポッドを視認したことをジェダイに報告した。脱出ポッドに最初に到着したのはグリーヴァスだったが、ジェシーの部隊がBARCスピーダーで到着したときには既にケノービとグリーヴァスの部隊が戦闘を開始していた。キックス、ハードケース、ジェシーがスピーダーのブラスター・キャノンでグリーヴァスのバトル・ドロイドを撃つと、上空から分離主義勢力のシーシピド級輸送用シャトルが接近してきたため、ジェシーがコムリンクでケノービに警告した。そしてAT-TEに搭乗したクローン・トルーパーがケノービにウォーカーの砲塔のオーバーヒートを告げると、ケノービはコーディとジェシーに後援を命じ、グリーヴァスへと駆け寄った。連合のシャトルが近づくなか、ケノービとグリーヴァスはライトセイバーで対決するが、やがてシャトルが脱出ポッドの上空で静止する。グリーヴァスはシャトルの船体に向けてトウ・ケーブルを発射し、そのまま逃走したのだった。キックスとハードケースは他のクローン・トルーパーたちと共にケノービのAT-TEの近くに残っていたが、スピーダーに乗っていたジェシーとコーディは残りのバトル・ドロイドを掃討した後、ケノービのところへ戻ってきた。ジェダイ・マスターは2人のクローンに艦隊と連絡をとるよう指示し、引き上げるための輸送船を送るよう手配したのである。, クローン・トルーパーの衛生兵として訓練されたキックスは、仲間の健康状態に問題が生じた場合には、彼らを上回る権限を行使できると信じていた。だが、レックスがコマンドー・ドロイドのスナイパー・ライフルによって狙撃された後、自分の容態について尋ねたとき、キックスは彼に配慮したのだった。またキックスはレックスの体を心配し、彼の怪我の状態をしっかり確認するため、ジェシーとハードケースに彼の装甲服を脱がせるよう助言している。そしてレックスがジェシーを指揮官代理に任命すると、キックスはジェシーが自分とハードケースに与えた命令に従ったのだった。, キックスは頭部の右側にオーラベッシュで「A GOOD DROID IS A DEAD ONE(良いドロイドは死んだ奴だけだ)」と読めるタトゥーを入れていた。また、彼のクローン・アーマーには水色のマーキングが描かれていた。,